働くためを考える労働基準調査組合

労働者の声を元に労働基準法が守られた職場か調査。

退職代行サービスとは?メリットとデメリット、失敗しないためのポイントを解説

  • 2023.05.31
  • 2024.02.12
退職代行サービスとは?メリットとデメリット、失敗しないためのポイントを解説

退職豆知識

自身の状況に合わせて適切な退職代行サービスを利用することでデメリットを回避

民間業者による退職代行は会社との交渉、法的なトラブルに一切対応が出来ない

弁護士や労働組合による退職代行を選ぶことで「非弁行為」にあたらず安心

まずは無料相談
  • まずは無料相談
  • 詳細はこちらから
近年、働き方が多様化する中で、退職代行サービスが注目されています。
しかし、利用する際にはメリットとデメリットを理解し、適切な使い方をすることが重要です
本稿では、退職代行サービスの基本的な概要から、そのメリットとデメリット、さらには失敗しないためのポイントについて詳しく解説します。

退職代行とは?

退職代行サービスは、従業員が直接会社に退職の意向を伝える代わりに、専門業者がその役割を担うサービスです。
このサービスは、退職交渉、必要書類の手続き、残務処理のアドバイスなどを提供し、従業員の退職プロセスをサポートします。
特に、対人関係のストレス、退職の申し出が困難な職場環境、精神的な負担が大きい場合に利用されることが多いです。

退職代行が支持されている理由

退職代行サービスが支持される主な理由は、職場での人間関係の問題やパワハラ、ブラック企業などの厳しい労働環境からの脱出を容易にする点にあります。
また、退職の意向を伝える際の精神的なストレス軽減、スムーズな退職手続き、個人のプライバシー保護、再就職活動への集中、労働法規に基づいた適切なアドバイスが受けられる点も、多くの労働者にとって魅力的です。

退職代行のメリットとは

退職代行サービスが提供する主な4つのメリットに焦点を当て、なぜ多くの労働者がこのサービスを選択しているのかを説明します。
退職のプロセスはストレスや複雑な感情を伴いますが、退職代行サービスはこれらの問題を軽減し、円滑な退職をサポートします。

1.会社に出社することなく会社と直接連絡を取ることなく退職可能

退職代行サービスは、労働者が自ら直接退職を申し出る必要なく会社を離れることができる魅力的なサービスです。
もちろん自分で退職の意志を伝えるのがベストなのですが現実問題として、それが難しい場合もあります。
もし退職について悩んでいるなら、一度退職代行サービスに相談してみると良いでしょう。
退職代行サービスを利用することであなたの問題を解決できるかもしれません。
高圧的な上司や必死になって引き留めようとする上司と向き合うのが難しいと感じるなら、退職代行サービスを利用して素早く退職する選択が、あなた自身の将来を考えると良い選択かもしれません。

2.即日で退職可能

退職の申し入れがあった日から2週間後に雇用契約を解除するというのは、一般的な法律の枠組みです。
退職代行の特性を最大限に活用すると、これを待つ必要がなくなる場合もあります。
つまり、退職の意思を代行サービスが会社に伝えたその日から、あなたは会社に出社する必要も直接会社と連絡を取る必要もありません
残っている有給休暇の消化や無い場合は欠勤扱いになることにより、退職代行が連絡をしたその日からあなたは出社する必要がありません。
このようなアプローチに対して批判的な意見が存在することは認識していますが、退職代行サービスを利用する方のほとんどは、精神的な限界に達しています。
会社に行くこと自体が限界をむかえていて、最後の選択肢として退職代行サービスを選ぶ方がほとんどです。
即日退職についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご参考ください。

本当にすぐにトラブルなく退職できますか?|労働基準調査組合 (rouki.help)

3.100%退職可能

退職代行サービスが100%退職できると言われる理由は主に2つです。
1つ目は、民法627条で労働者に「退職通告から2週間以内に退職することができる」という権利を保証していることです。
2つ目は、就業規則と法律の間で矛盾がある場合、法律が優先されるという法の原則が存在するからです。
たとえば、就業規則で「退職通告は2ヶ月前に行うこと」と定められていたとしても、法律が優先されるため、労働者は退職の意向を会社に伝えた後、2週間で退職できます。
退職代行サービスは労働者の権利を尊重し、会社に対して法的手続きを遵守することで、労働者の退職をスムーズに行う役割を果たしています。

4.退職時のトラブルの対応を任せることが可能

労働者が会社を退職する際に、企業側がしばしば感情的な問題に走ることがあります。
これが結果として給与の未払いや、退職に関連する重要書類の提供を拒否するといった行動につながります
これらの状況は一見すると単純な感情的な対立に見えるかもしれませんが、実際には非常に深刻な問題です。
退職代行業者として、当組合は労働者の権利を守り、会社から適切な手続きを経て退職できるように努めています。

以上がメリットになります。

退職代行のデメリット

退職代行サービスは多くの利点がありますが、その利用にはいくつかのデメリットも伴います。
退職代行サービスの利用がもたらす可能性のある否定的な側面に焦点を当て、その影響と対処法を説明します

1.退職代行サービスの費用がかかる

退職代行サービスの利用には、一般的に約2万円~5万円前後の費用がかかります。
たしかに、退職の過程で収入源が一時的に途絶えることを考えると、これは大きな出費に見えるかもしれません。その結果、利用を躊躇する人も少なくないでしょう。
しかしながら、精神的な側面から見ると、退職代行サービスは有益な選択であると言えます。
さらに、退職代行サービスは単に退職の意志を伝えるだけでなく、相談から退職手続きが完了するまで、依頼者を全面的にサポートします。

2.会社との交渉が限定的な場合がある

非弁行為に関連する退職代行業者に依頼すると、予想外のトラブルが起こるリスクがあります
これは、弁護士や労働組合以外の民間企業による代行業者が企業と直接交渉することが許されていないためです。
退職のプロセスをスムーズに進めるためには、あなたの状況に合った退職代行サービスを選ぶことが大切です。
ただし未払い賃金の請求などのより幅広い支援が必要な方には弁護士や労働組合への依頼をおすすめいたします。

3.損害賠償や懲戒解雇のリスクがある

退職代行を利用することで会社から損害賠償請求を受けたり、懲戒解雇されたりするかどうかを心配する人が少なくありません。
しかし、これらのリスクは実際には非常に低いと言えます。大抵が経営者の感情的な反応や嫌がらせに過ぎません。
以上のことを明確に理解することで、労働者自身が自身の権利を主張する際の不安を軽減することができます。

損害賠償請求や懲戒解雇について詳しくは下記の記事をご参考ください。
退職代行を利用して損害賠償請求⁈|労働基準調査組合 (rouki.help)
退職代行を利用しても懲戒解雇にならないの?|労働基準調査組合 (rouki.help)

4.悪質な代行業者、詐欺会社が存在する

すべての退職代行業者が信頼できるわけではありません。
中には不誠実な業者も存在し、料金を徴収した後に適切なサービスを提供せずに依頼者を困惑させることもあるようです。
現在では100社以上の業者がこのサービスを提供しており、その中には約束を破ったり、突然連絡が取れなくなったりする事例も少なからず存在します。
そこで、問題のない退職代行業者を見つけるためには、公式ウェブサイトを慎重にチェックし、それぞれの実際に問い合わせをしたときの担当者の対応や回答内容で判断し、実績を調査して退職代行業者を選ぶことが重要です。
これにより、不適切な業者に騙されるリスクを軽減できます。
しかしこれらのデメリットは選ぶ退職代行サービス次第で、大きな問題にはなりません。
そして、退職代行サービスを利用するメリットは、そのデメリットをはるかに上回るという事実を頭に入れておいてください。
というのも、退職代行サービスの利用は退職時の様々な問題を円滑に解決する手助けとなるからです。

それでは実際に退職代行を利用するにあたって、法的に問題はないのでしょうか。

退職代行の料金相場

退職代行サービスの料金相場は、提供されるサービスの範囲や企業によって異なりますが、一般的には数万円程度が相場とされています。
基本的な退職手続きの代行であれば、低価格帯のサービスが多く、約20,000円から30,000円程度の料金が設定されていることが多いです。
一方で、複雑な交渉や特殊な要望を伴うケースでは、料金は50,000円以上になることもあります。
また、弁護士事務所など専門的な法律サポートを提供する場合は、これよりも高額になる可能性があります。
利用者は、サービス内容と料金のバランスを考慮し、自身のニーズと予算に合ったサービスを選択することが重要です。

退職代行を利用する際の注意点

退職代行サービスを利用する際には、いくつかの重要な注意点があります。
退職代行サービスを利用する際に考慮すべき要素や、潜在的なリスクを詳しく説明します。
サービスの選択から退職手続きの完了までの過程で気をつけるべきポイントを明らかにし、スムーズな退職プロセスをサポートします。

会社から直接連絡が来る可能性がある

退職代行サービスを利用しても、元の勤務先から直接連絡が来る可能性があります
これは、退職の手続きや最終的な確認、未解決の業務に関する問い合わせなどのためです。
サービス利用者は、このような連絡に対応する準備をしておく必要があります。
また、退職代行業者が会社との全てのコミュニケーションを代行するわけではないため、サービスの範囲を明確に理解し、必要に応じて自ら対応することが求められます。

有給消化や未払い給与の交渉ができない場合がある

退職代行サービスでは、有給消化や未払い給与の交渉が難しい場合があります。
これらの問題は、労働法規に基づく複雑な交渉が必要となることが多く、すべての退職代行業者が対応できるわけではありません
特に法的な専門知識が必要な場合は、弁護士などの専門家の介入が必要になることもあります。
そのため、退職に際してこうした問題が予想される場合は、サービス提供者に事前に確認するか、別途専門家に相談することが重要です。

公務員の場合は利用ができない場合もある

公務員の場合、退職代行サービスの利用が制限されることがあります
これは、公務員の退職手続きが民間企業とは異なり、特定の法的要件や手続きを要するためです。
公務員の退職は、しばしば厳格な規則や内部のプロトコルに従う必要があり、外部の代行サービスが介入する余地が限られている場合が多いです。
公務員として退職を考えている場合は、まず所属機関の人事部門に相談し、適切な手続きを確認することが必要です。

退職代行選びで失敗しないためのポイント

適切な退職代行サービスを選ぶことは、退職プロセスの成功に不可欠です。
このセクションでは、退職代行サービスを選ぶ際の重要なポイントに焦点を当て、失敗しないための具体的なアドバイスを提供します
サービスの評判、料金体系、提供されるサポートの範囲など、選択の際に考慮すべき要素を詳しく解説します。

希望の条件をあらかじめ決めておく

退職代行サービスを選ぶ際には、自分の希望する条件を明確にしておくことが重要です。
これには、退職の時期、必要な通知期間、対応可能な業界や企業規模などが含まれます。
自分のニーズに合ったサービスを選ぶためには、これらの条件を事前にリストアップし、サービス提供者とのマッチングを確認することが不可欠です。

自身に必要なサポート内容を確認する

退職代行サービスを選ぶ際には、自分が必要とするサポートの内容を確認することが大切です
これには、退職交渉の代行、未払い給与の回収支援、退職後のトラブル対応などが含まれます。
自分の状況や懸念に合わせて、必要なサポートを提供するサービスを選ぶことが重要です。

事前に基本料金の内訳を確認しておく

退職代行サービスを選ぶ際には、サービスの料金体系を事前に確認することが重要です。
料金の内訳、追加料金が発生する条件、支払い方法などを明確に理解することで、後から予期せぬ費用が発生することを防ぎます。
コストパフォーマンスを考慮して、適切なサービスを選ぶことが大切です。

顧問弁護士が在籍している退職代行を選ぶ

退職代行サービスを選ぶ際には、顧問弁護士が在籍しているかどうかを確認することが望ましいです。
弁護士の存在は、法的な問題が発生した際の対応力を示しており、退職に関する複雑な問題にも適切に対応できる可能性が高まります。
安心してサービスを利用するためには、法的なバックアップがあるサービスを選ぶことが重要です。

口コミや評判を確認しておく

退職代行サービスを選ぶ際には、インターネット上の口コミや評判を確認することが有効です。
実際にサービスを利用した人の意見や体験談は、サービスの質や信頼性を判断する上で重要な情報源となります。
良い評判や悪い評判、両方の情報を参考にして、自分に合った退職代行サービスを選ぶことが大切です。

退職代行を利用するのがおすすめのケース

退職代行サービスは、特定の状況下で特に有効です。
パワーハラスメント、退職の承認が得られない場合など、退職代行サービスが解決策となり得る具体的なシナリオを検討します。

【ケース1】退職の承認を受け入れてくれない場合

退職の意志を伝えても、上司が承認しない場合、退職代行サービスが有効です。
このサービスは、労働法規に精通した専門家が介入し、適切な手続きで退職を実現させます。
退職の意思表示が正式に行われ、雇用関係の解消をスムーズに進めることが可能になります。
このサービスは、退職交渉のストレスや不安を軽減し、法的な保護の下での円滑な退職を実現します。

【ケース2】ひどいパワーハラスメントを受けている場合

職場でのパワーハラスメントに悩んでいる場合、退職代行サービスの利用が推奨されます。
直接対面せずに退職できるため、精神的な負担を軽減し、安全に職場を離れることができます
また、代行サービスが適切な退職手続きをサポートし、ハラスメントからの迅速な脱出を助けます。
このサービスは、職場の不快な環境からの逃避路を提供し、心理的な安堵をもたらします。

【ケース3】後任が決まるまで退職できない場合

後任の確保を理由に退職が困難な場合、退職代行サービスが解決策となります。
このサービスを利用することで、後任の確保に関わらず、退職手続きを進めることができます
法的な側面から退職の権利を守り、円滑な退職を支援します。
代行サービスは、不当な退職拒否に対しても効果的であり、職場の圧力に屈することなく、自身の権利を主張できます。

【ケース4】給与の未払いなどの金銭的トラブルがある場合

給与未払いやその他の金銭的トラブルがある場合、退職代行サービスが有効です。
専門知識を持つ代行業者が、適切な対応を行い、金銭的な問題の解決をサポートします。
これにより、トラブルを抱えたままの退職を避け、安心して次のステップに進むことができます
未払い給与の回収などもサポートし、労働者の権利を守るための強力な手段となります。

退職代行を利用する基本の流れ

退職代行サービスを利用する際の基本的な流れを理解することは、スムーズな退職プロセスを確保する上で重要です。
このセクションでは、退職代行サービスの利用手順をステップバイステップで解説し、各段階での重要なポイントを明らかにします。
相談からサービスの完了までのプロセスを詳しく説明し、利用者が何を期待すべきかを示します。

退職代行業者に相談する

退職を検討している際、最初のステップとして退職代行業者に相談します。
この段階で、自身の退職に関する状況や要望を伝え、サービス内容や料金についての情報を得ます。
相談は通常、電話やメール、オンラインフォームを通じて行われ、匿名性や秘密保持が重視されます
この初期相談は、退職プロセスの方向性を決定し、個々の状況に最適なサービスを選択するための基盤となります。

サービス費用を支払う

退職代行サービスの利用には、事前に定められた費用の支払いが必要です。
料金体系はサービスによって異なり、一律料金やオプション料金が設定されていることがあります。
支払い方法は、銀行振込やクレジットカードなどが一般的です。
料金の透明性と事前の明確な説明は、サービス選択時の重要な要素であり、後のトラブルを避けるためにも重要です。

ヒヤリングシートを記入する

退職代行業者から提供されるヒヤリングシートに、退職に関する詳細情報を記入します。
これには、退職理由、希望する退職日、職場の状況などが含まれ、サービスの提供に必要な情報を収集するためのものです。
このヒヤリングシートは、退職代行業者が依頼者の状況を正確に理解し、最適なサポートを提供するための重要なツールです。

担当者と打ち合わせをおこなう

退職代行業者の担当者と具体的な打ち合わせを行います。
この時、退職に関するプロセスや注意点、必要な情報の確認などが行われます。
打ち合わせは電話やオンラインミーティングで行われることが多いです。
この打ち合わせは、退職プロセスの具体的な流れを理解し、依頼者が安心してサービスを利用できるようにするための重要なステップです。

退職代行業者が会社へ退職通知を行う

退職代行業者が、依頼者に代わって会社へ退職通知を行います。
この通知は、電話や書面、メールなどの方法で行われ、退職の意志を正式に伝えます。
このステップは、依頼者が直接的な対面や会話を避けることができ、退職プロセスを円滑に進めるために重要です。

貸与物を返却する

会社から貸与された物品がある場合、退職に伴い返却する必要があります。
これには、社員証や携帯電話、パソコンなどが含まれ、退職手続きの一環として行われます。
この返却プロセスは、退職手続きを正式に完了させるために必要なステップであり、未返却の物品があると退職手続きが完全に終了しない場合があります。

退職の完了

退職代行業者の介入により、退職手続きが完了します。
これにより、雇用関係が正式に終了し、退職が成立します。
この段階で、依頼者は職場との公式な関係を解消し、新たなキャリアの道を歩む準備が整います。
退職が正式に完了すると、依頼者は心理的にも新しいスタートを切ることができます。

退職書類到着

退職に関連する書類が退職代行業者または直接本人に送付されます。
これには、雇用保険の被保険者証や源泉徴収票などが含まれ、将来の就職活動や税務手続きに必要となります。
これらの書類は、退職後の生活において重要な役割を果たし、特に再就職や健康保険の手続きにおいて必要となるため、適切に保管することが重要です。

退職代行を利用した後にやるべきこと

退職代行サービスの利用が完了した後には、いくつかの重要な手続きが必要です。
退職後に行うべき手続きや準備について詳しく説明します
健康保険の切り替え、失業保険の申請、必要書類の受け取りなど、退職後の重要なステップを網羅します。

国民年金への切り替え(転職をすぐにしない場合)

退職後、すぐに新しい職に就かない場合、国民年金への加入は重要なステップです。
自営業者やフリーランスと同様に扱われ、市区町村の役所で手続きを行います。
この手続きは、将来の年金受給権を確保し、老後の安定した生活を支えるために不可欠です
年金の支払いは、将来の経済的安全を確保するための重要な投資となります。
このプロセスを通じて、退職後の生活における財政的な安定を計画し、将来に向けて準備を整えることができます。

健康保険の切り替え

退職に伴う健康保険の切り替えは、退職後の生活で重要な手続きです。
転職先があれば、新しい職場の健康保険に加入し、なければ国民健康保険への加入や前職の保険の任意継続が必要です。
配偶者や親の扶養に入る選択肢もあります。
これらの手続きは、医療費の負担を軽減し、健康管理を継続するために速やかに行う必要があります
健康保険の適切な管理は、退職後の不確実な期間においても、医療サービスへのアクセスを確保し、経済的な負担を軽減します。

転職先に健康保険に加入する

新たな職場に就職した場合、転職先の健康保険への加入が必要です。
人事部門が手続きをサポートし、前職の健康保険からの切り替えを行います。
これにより、新しい職場での医療費補助や健康診断などの福利厚生を享受できます。
新しい職場での健康保険加入は、新たな勤務環境での安心感を提供します。
このプロセスは、転職に伴う移行期間の不安を軽減し、新しい職場での健康と福祉を確保するために重要です。

国民健康保険に加入する

退職後、すぐに次の職に就かない場合、国民健康保険への加入が必要です。
市区町村役場で手続きを行い、保険料は収入に応じて算出されます。
国民健康保険への加入は、医療費の自己負担を軽減し、健康管理を継続するために重要です。
この手続きは、退職後の医療費の負担を軽減し、経済的な安心感を提供します。
また、国民健康保険に加入することで、退職後も継続的な医療サービスへのアクセスが保証され、健康維持に役立ちます。

前職の健康保険を任意継続する

既存の保険条件を維持することが可能です。
手続きは前職の健康保険組合を通じて行います。
任意継続は、転職活動中の医療費の不安を軽減し、安心して次の職を探すことができます
このオプションは、退職後の一時的な期間においても、医療サービスへの連続的なアクセスを確保し、健康上のリスクを最小限に抑えるために重要です。

家族の扶養に入る

配偶者や親などの家族がいる場合、その家族の健康保険の扶養家族となることができます。
これにより、家族の健康保険を利用して医療費の補助を受けることが可能になります。
扶養家族になるための手続きは、家族の勤務先の健康保険組合で行います。
この選択肢は、退職後の医療費の負担を家族と共有し、経済的な安心感を得るために有効です
また、家族の健康保険に加入することで、退職後も安定した医療サービスを受けることができ、健康管理を継続することが可能になります。

会社から退職に関する書類を受け取る

退職後には、退職証明書や源泉徴収票などの重要な書類を受け取る必要があります。
これらの書類は、将来の就職活動や税務手続きに不可欠です。
退職時に会社からこれらの書類を提供されることが一般的ですが、もし提供されない場合は、積極的にこれらの書類の発行を要求することが重要です。
これらの書類は、あなたの職歴や所得の証明として機能し、再就職や税金申告の際に必要となります
また、将来の雇用機会において、過去の職務経験や所得の証明として役立ちます。

ハローワークに失業保険の申請をする

退職後、失業保険の給付を受けるためには、ハローワークに申請が必要です。
失業保険は、雇用保険に加入していた期間に応じて給付され、再就職までの生活支援となります。
申請には、退職証明書や雇用保険被保険者証が必要です。
失業保険の申請は、退職後の経済的な不安を軽減し、再就職活動に専念できるようサポートします
ハローワークでは、再就職に向けた相談や職業紹介サービスも提供されており、これらのリソースを活用することで、次のキャリアステップへの移行をスムーズに行うことができます。

傷病手当金を申請する

病気やケガで働けない場合、傷病手当金の申請が可能です。
これは、健康保険組合を通じて申請し、所定の給付を受けることができます。
傷病手当金は、一定期間働けない状態が続く場合に、収入の一部を補填するための制度です。
この申請は、病気や怪我により働けなくなった際に、経済的なサポートを提供し、回復期間中の生活を支えます。
申請手続きは、所属していた健康保険組合によって異なる場合があるため、詳細は事前に確認することが重要です。
傷病手当金を利用することで、治療に専念し、健康を回復するための時間を確保できます。

まとめ

退職代行サービスは、退職の意向を伝えることが難しい場合に非常に有効な手段です。
メリットには、会社と直接連絡を取ることなく退職可能、即日で退職可能、退職時のトラブルの対応を任せることが可能などがあります。
一方で、デメリットとしては、費用の発生、会社との交渉が限定的な場合がある、損害賠償や懲戒解雇のリスクがあるなどが考えられます。
失敗しないためには、サービス提供者の選定、自身の状況との適合性の検討、将来のキャリアプランに与える影響の考慮が重要です。
退職代行はローキにお任せください
まずは無料相談
  • まずは無料相談
  • 詳細はこちらから

退職代行コラム編集者

労働基準調査組合執行委員長
後藤 星未

「医療関係の職場に長年勤務していました。その職場では、様々なハラスメントが横行しており、経営者をはじめ役職者も従業員に心ない言葉を浴びせ、非常に離職率が高く、入社直後に退職してしまう、まさに典型的なブラック企業でした。

私は新人研修や教育を任されていましたが、せっかく育てた新人は経営者や上司からのハラスメントを受けて心を病み、退職を繰り返す状況が続きました。

全文を読む

Column List 労働コラム一覧

  • 退職豆知識
  • 労働基準法
  • ブラック企業
  • パワハラ
  • モラハラ
  • セクハラ